外来診療のご案内

各科診療ご案内ページ

流れ

 

受付/診察時間(土曜・日曜・祝日は休診いたします)

外来受付時間
午前8時30分~午前11時30分(4/1から整形外科のみ11時で受付終了です)
午後1時~午後4時(診療科により午後の受付時間は変わり、診察は完全予約制です)
外来診察時間
午前9時~正午12時/午後1時~午後5時
  • 保険証、医療証を月1回持参して下さい。
  • 担当医が学会出張などにより、変更になることがありますのでご了承下さい

内科・循環器内科・消化器内科・神経内科・糖尿病内科・代謝内分泌内科

午前の診療
   代謝内分泌内科、消化器内科、循環器内科、神経内科の専門外来を行っております。
  • 午後の診察は、すべて特殊外来のため完全予約制となっており、一般外来は受け付けておりません。
  • 火曜日の午後からの外来診療は行っておりません
  • 土曜日の診療はお休みとなります。
午後の診療
 
1診

大野マリ子
代謝内分泌

立石悠
代謝内分泌

大野マリ子
代謝内分泌

大野マリ子
代謝内分泌

都井律和
代謝内分泌

2診

坂口海雲
循環器

島田健永
循環器

中逵賢一
循環器

白澤邦征
循環器

野元陽太
循環器

3診

宇野裕典
消化器

飯田修
循環器

眞下勝行
消化器

眞下勝行
消化器

田中稔之
消化器

4診

林尚輝
初診外来

田中稔之
初診外来

中平智子
初診外来

田上光治郎
初診外来

南都雅子
初診外来

5診

増田正晴
循環器

 

 

 

 

  
 
 

大野マリ子
代謝内分泌
予 約 制

 

大野マリ子
代謝内分泌
予 約 制

大野マリ子
代謝内分泌
予 約 制

畠野雅子
禁煙外来
予 約 制

 

坂口海雲
循環器
予 約 制

 

菊川高行
神経内科
第2・4週
予 約 制

 

白澤邦征
ペースメーカー
第2・4週
予 約 制

 

 

      宇野裕典
消化器
予 約 制
≪代謝内分泌≫
外来では、甲状腺疾患、糖尿病の診療を重点的に行い、糖尿病については、糖尿病教室、教育入院も併せて実施しています。

≪消化器内科≫
 消化器内科は2016年度から常勤医6人体制となりました。大阪市立大学消化器内科の協力体制のもと診療を行っています。
血液検査や尿検査など一般検査以外にも消化器内視鏡検査、腹部CT検査なども緊急対応可能です。特に吐血⊡下血などの消化器出血に対する内視鏡的止血術や異物除去術などは深夜でも緊急治療を行っています。
 胆膵疾患では、内視鏡的な総胆管結石除去や胆管ドレナージも可能であり、腫瘍切除については、ポリペクトミーや内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)も行ってます。その他、胃瘻造設や交換など胃瘻に関するフォローも行います。
また当院外科とも連携し、手術が必要な患者様の受入れも積極的に行っています。     >>> 内視鏡センターのご案内
消化器内科は、内視鏡を軸とした消化器疾患、肝臓病や胆膵疾患などさまざまな病気に専門性をもって対応しています。
内視鏡検査では、日本消化器内視鏡学会から委嘱される指導施設に認定されており、内視鏡センターでは専門医と指導医を主体に医療チームを組んで行っています。
 さまざまな止血術、腫瘍切除(ポリペクトミー・内視鏡的切開剥離法)、食堂胃静脈瘤治療(内視鏡的硬化療法・結紮術)、胃瘻造設・交換術、ステント留置術、異物除去などに対応しています。
 また内視鏡センターでは、患者さんの安楽を重視して苦痛の少ない検査や処置を心がけています。
 経鼻内視鏡検査、セデーション(静脈麻酔)下での内視鏡検査、胃と大腸の検査を一度に受けることも可能です。

内視鏡センター

≪循環器内科≫
主に心臓や血管に関連する疾患を中心に診療にあたっています。特に狭心症、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患、急性心不全、慢性心不全患者、末梢性動脈疾患、静脈に血栓などが起こりおこる急性肺塞栓症、深部静脈血栓症、ペースメーカーが必要になる徐脈性不整脈、また睡眠時無呼吸症候群などを見ております。これらの循環器疾患に対して、24時間体制で治療を行っています。
また当科では、積極的にエコー検査、CT検査などを利用し、低侵襲に全身の動脈硬化の評価を行い、治療にいかしております。
● 虚血性心疾患 
現在虚血性心疾患は食事の欧米化に伴い、増加傾向であります。
まず心エコー検査や運動負荷検査、心筋シンチ検査などをおこない、虚血性心疾患が疑わしければ冠動脈CT、冠動脈造影検査をおこないます。その結果、狭窄部分に対してバルーンやステント(金属の筒)の植え込み治療を行います。特に当院ではMDCTを2004年より積極的に使用し、低侵襲に画像診断を行っています。現在(2010年)当院では年間約500件の冠動脈造影、約200件の経皮的冠インターベンションを行っています。
● 心不全(急性、慢性)
心不全とは、心臓から十分な血液量を送り出すことができなくなることにより、呼吸困難、血圧低下などを起こしてしまう病気であり、高血圧や虚血性心疾患などが原因で起きてきます。特に急性心不全では原因を調べて、重症度に応じて治療を行います。
また慢性の心不全患者では外来での内服管理をおこない、増悪のないように管理を行っています。
● 末梢動脈疾患
全身の動脈硬化をエコー検査にて早期に診断し、動脈硬化の程度を診断し、血液検査結果なども見ながら、ガイドラインに基づいた適切な治療を行っている。また必要であれば造影CTにて評価し経皮的動脈形成術を行っている。最近では徐々に症例数が増加しています。
● 急性肺血栓塞栓、深部静脈血栓症
長時間の安静などで多くは足に血栓ができ、肺に移動して、生命にかかわる疾患です。
血栓溶解療法を積極的に行い、必要であればフィルター留置などを行っています。
● 睡眠時無呼吸症候群
循環器疾患では夜間の睡眠時無呼吸症候群の合併していることが多いいことがわかってきています。このため当科では積極的に睡眠時無呼吸があるかどうか外来にて検査を行い、必要であれば短期間の精査入院を行っています。

≪神経内科≫
神経内科において対象となる疾患は以下のものがあります。
    アルツハイマー病、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋炎、ミオパチー、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、
    脳血管障害、多発性硬化症ニューロパチー
これらの病気において生じる症状としては、
   ふるえ(振戦)、運動障害、歩行障害、物忘れ、痴呆、手足のしびれ、感覚障害、嚥下障害、構音障害などです。
    また頭痛も診察いたします。

▲TOPへ戻る

 

外科・消化器外科

午前の診療
 
1診

澤田鉄二

田中涼太

村橋邦康

澤田鉄二

村橋邦康

2診

池谷哲郎

西野光一

池谷哲郎

青木豊明

田中涼太

3診

 

城月順子

 

 

 

  • 午後からの外来診療は行っておりません。
  • 土曜日の診療はお休みとなります。
午後の診療
 
午後

手術

手術

手術

 

手術

 

 当院外科の診療の中心は消化器外科であり、主に、上部消化管(胃、十二指腸)、下部消化管(小腸、大腸)ならびに肝臓、胆道、膵臓の悪性疾患に対する手術を行っておりますが、胆石、ヘルニア、痔疾患などの良性疾患の治療も積極的に行っています。また、当院は救急指定病院であり、地域の救急医療にも力を注ぎ、救急外科として一般外傷や消化管穿孔、虫垂炎、急性胆嚢炎などの急性腹症をはじめとする腹部救急疾患の受け入れを行っております。

 当院の悪性疾患の多くは、胃がんと大腸がんですが、各疾患別のガイドラインに沿って、手術のみならず、抗がん剤治療も積極的に行い、治療に際しては、患者さんと話し合いながら、十分に納得したうえで受けていただき、多くの患者さんに満足していただいております。手術では、傷の小さな手術として認識されている腹腔鏡手術も積極的に取り入れています。また、抗がん剤治療は、外来化学療法室を併設し、患者さんが安心してストレスなく治療が受けられるように配慮しております。

 胆石などの良性疾患や、虫垂炎・胆嚢炎・消化管穿孔に対しては、ほとんどの症例を腹腔鏡手術で行っており、患者さんの術後の痛みの軽減や入院期間の短縮ができるようにしております。ヘルニア手術では、高齢者やリスクの高い患者さんに対しては、局所麻酔のみによる手術を行い、全身への負担を軽減し手術が安全にできるようにしております。

 すべての患者さんに対して、常に全力で最大の誠意をもって診療や治療を行い、安心して治療を受けて頂けるよう努力しています。
各取扱い疾患の詳細(胃がん、大腸がん、急性腹症、ソケイヘルニア)をご覧ください。

▲TOPへ戻る

整形外科・手外科・外傷マイクロセンター

当院整形外科では、一般外傷、骨折等の運動器疾患と2015年4月より 「手外科・外傷マイクロサージャリーセンター」を開設し、顕微鏡下の四肢外傷切断指再建術を開始 しました。
リハビリテーションは、入院治療を中心に理学療法士、作業療法士が積極的に運動療法、作業療法を行っています。

午前の診療
 
  五谷寛之

予約制

手外科・外傷マイクロセンター

五谷寛之

予約制

手外科・外傷マイクロセンター

濱田佳孝

予約制

手外科・外傷マイクロセンター

五谷寛之

予約制

手外科・外傷マイクロセンター

五谷寛之

予約制

手外科・外傷マイクロセンター

  田中祥貴

予約制

佐々木康介

予約制

第1・3・5週

                                          田中祥貴

予約制

第2・4週

佐々木康介

予約制

浜田佳孝

予約制

田中祥貴

予約制

 

佐々木康介
初診外来
受付11時まで

濱田佳孝
初診外来
受付11時まで

田中祥貴
初診外来
受付11時まで

田中祥貴
初診外来
受付11時まで

佐々木康介
初診外来
受付11時まで

  • 手外科・外傷マイクロセンターは予約制となります。
  • 整形外科の午後の一般外来はありません。
  • 土曜日の診療はお休みとなります。
午後の診療
 
午後

手術

五谷寛之

予約制

手外科・外傷マイクロセンター

手術

手術

手術

手外科・外傷マイクロサージャリーセンター

▲TOPへ戻る

小児科

診療の中心は、ほとんどが感染症などの急性疾患で、その他に、喘息、低身長、腎炎、てんかんなどの慢性疾患もあります。また、乳児検診や予防接種という小児保健の分野にも取り組んでいます。
最近、心理的な問題をかかえている子供が増加傾向にあるようなので、親子の心の問題にも対応し、地域の小児科医としての役割を果たしていきます。

午前の診療
 
1診 畠野雅子 木村 香織 林 絵里 畠野雅子 木村 香織
2診 林 絵里        
午後の診療(予約制)
 
 

13:00-15:30
予約外来
畠野

13:00-15:30
予防接種
木村

13:00-15:30
予約外来
木村

13:00-15:30
予防接種
畠野

13:00-14:30
予防接種
木村

13:00-15:30
予防接種
畠野

13:00-15:30
予約外来

13:00-14:00
乳児検診
林絵里

  • 小児科の月曜日・火曜日の午後診は完全予約制となっており、 午後の一般外来はありません。

▲TOPへ戻る

眼科

糖尿病網膜症などの眼底疾患の診断治療のため、デジタル眼底撮影装置を始めとする機器を、また、緑内障などの視神経疾患については、動的視野計測装置及び静的量的視野装置など、それぞれ最新鋭機器を導入しています。
現在、日帰り手術の要望に積極的に対応し、白内障手術については実現しています。
平成15年からボツリヌスによる眼瞼痙攣患者への治療を開始しました。また月に1回、眼形成の三戸医師に来ていただき、外眼部手術にも力を入れています。

午前の診療
 
  濱口明子 濱口明子 濱口明子 安宅伸介
  小林千穂 浅井純志 小林千穂 小林千穂 浅井純志
午後の診療(予約制)
 
  特殊検査
予 約 制

手術

白木邦彦

予約制

1:00~3:00

第1週

                                          特殊検査

予約制

手術

 

特殊検査

予約制


ボトックス注射安宅鈴香

隔週

予約制

  • 月曜日・金曜日の午後からの診察は、完全予約制となっており、一般外来は受け付けておりません。
  • 土曜日の診療はお休みとなります。

▲TOPへ戻る

放射線科

精度の高い画像提供のため、撮影ミスの分析と対策を行っているほか、デジタル機器を導入し、再現性の高い写真やより診断能の高い写真の提供を可能にしています。

機器

 

人工透析内科

患者に対しては、月2回血液検査、月1回胸部エックス線検査を施行、さらに、6ヶ月に1度は腹部、心臓超音波検査を施行し、腹部CT検査も年1回しています。患者には検査結果を伝え、自己管理ができるようにしています。透析患者は家族の方も含めて身体的・精神的負担も大きいと考えられることから、希望者には個別に面談を行い、精神的ケアを行っています。
また、透析患者会「むつみ会」とスタッフの間では総会と慰安旅行を実施し、親睦を図っています。

▲TOPへ戻る

 

臨床検査

臨床写真検査室は検体検査部門生理検査部門の2つの部門に分かれています。

検体検査部門は血液や尿などから化学的な成分や細胞成分を分析し
病気の原因や治療効果判定を調べます。

生理検査部門は、心電図検査や超音波検査など直接患者さんの機能を調べ治療に役立てます。
私たち大阪掖済会病院検査室では、地域に貢献し、患者さんの健康を支援出来るよう、質の高い検査データを提供できるよう心がけます。


検査の概要

生化学検査
血液中に含まれる糖や脂質、酵素などを測定します。

血液凝固検査
血液中の赤血球や白血球などの数と形態の測定をします。
また血液の凝固能を測定します。

免疫・輸血検査
各種ウィルスの抗原検査や抗体価などを測定します。
また血液型、輸血適合検査及び管理なども行います。

一般検査
尿、便、髄液、胸腹水などの成分を測定します。

細菌検査
感染症の原因となる細菌を特定し、抗生剤の効果を調べます。

病理検査
臓器の一部や組織などを顕微鏡で観察し、病気を診断します。

生理検査
循環器機能検査、呼吸機能、神経生理検査に大きく分かれます。
生体の機能を身体から直接測定します。

▲TOPへ戻る