大阪掖済会病院について

ごあいさつ

院長

100年の歴史をさらに未来へ。掖済の精神の下に、前進あるのみ。

 大阪掖済会病院の理念は、「掖済の心で思いやりのある医療を実現する」であり、「掖済の心」とは、腋に手を添えて支えるように助けることを意味します。職員には常日頃よりこの理念に基づき、患者さんを気遣い、優しさと思いやりを持って医療に携わるよう心掛けることを指導しています。
 当院は、大正2年に設立されて以降、地域の皆様と共に歩み続け、昭和20年の第二次大戦中の大阪大空襲により全焼するも再建され、昭和49年に旧病院、平成17年には現在の新病院となり、平成25年11月で創立100年が経過しました。その間、大阪市内にあり近隣周囲に大病院も多く、競合の中にありながら、地域の患者さんに愛され、慕われる病院として継続できたことは、まさしく理念に基づいた医療の実践が出来ている証しであろうと思います。中規模病院としての持ち味を生かした「アットホームさ」を大切にした医療を行っていることを、是非ご来院頂き、実感して頂ければ幸いです。

 当院は、大阪市立大学医学部附属病院の関連病院として、各診療科ほぼすべて大学より医師が派遣されており、大学との密な連携を維持しながら、医学の進歩に遅れることなく、最先端かつ先進医療を含め専門性の高い医療の提供をめざしています。
 当院の診療科は、内科系が消化器内科、循環器内科、代謝・内分泌内科そして小児科の4科、外科系が外科・消化器外科、整形外科(手外科・マイクロサージャリーセンター)、眼科そして麻酔科の4科で、135床すべて急性期病床として救急医療にも対応を行っております。中でも整形外科は切断指接合術のスペシャリストとして市内のみならず府下、他府県からも受け入れを行い、消化器内科も吐下血等消化管出血への緊急内視鏡止血術を行っています。また平成29年4月から大谷副院長を迎え、循環器内科の冠動脈疾患に対する心臓カテーテル検査・治療も今後増加が見込まれます。これら各診療科診療内容の詳細に関しては、本ホームページ各診療科の案内をご覧頂ければと思います。

 私が院長に就任後、病院スローガンとして「Hospitality & Specialityの充実」を掲げました。ホスピタリティーは、患者さんに対する「おもてなし」、接遇面での改善であり、スペシャリティーは医療の質の向上、最先端医療の提供をめざすことであります。これらを実現すべく、今後も職員一同研鑽に励み、常に最善の医療を患者さんへ提供できるよう心がけ、前進していきたいと思います。「掖済会病院へ来て本当に良かった」と思って頂けるよう、頑張りますので、今後ともご支援を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

院長 澤田鉄二