各診療部門のご案内

人工透析室のご案内

当院透析室は昭和49年(1974年)8月に開設。平成15年(2003年)には16床へ増床。そして、平成17年(2005年)新病院完成となり、現在透析室は20床で運用しています。慢性腎不全患者様の維持透析を中心に、急性腎不全患者様にも対応しております。

当院では通院困難な外来維持透析患者様へ、可能な限り送迎サービスを実施しています。また、旅行者による臨時透析も対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

リフト付き送迎車

透析療法とは

腎不全になると腎臓本来の機能であるろ過機能が低下し、水分や老廃物のコントロールが難しくなってきます。このような場合に、人工的に血液を浄化することで腎臓の働きを代行するのが、透析療法です。 透析療法のほとんどが血液透析であると言われています。当院では、通常の血液透析(HD)以外に、血液透析ろ過(HDF)、オンラインHDF(OHDF)などを行っています。

人工透析室

オンラインHDF(OHDF)とは

HDFはHDとHF(血液ろ過)の長所を合わせたもので、より多くの老廃物を除去できる治療法です。 HDFには通常のHDFとOHDFがあり、その違いは主に老廃物を除去するための補充液(透析液)の量 にあります。通常HDFでは補充液を8~10ℓ程度使用するところ、OHDFでは補充液を24~48ℓ程度使用します。

これにより多くの老廃物を除去できることが可能となります。また、その補充液は無菌状態の超純粋液でなければなりません。当院ではこの補充液を精製するため、臨床工学技士が日々責任をもって水質管理を行っています。現在6台のOHDF用透析装置があり、患者様のニーズにあった治療法を選択しています。

 

フットケア

透析患者の高齢化や糖尿病性腎症からの透析導入が多いことから、透析患者の足のケアがここ数年で重要視されています。2016年の診療報酬加算でも透析患者に対し「下肢抹消動脈疾患指導管理加算」が新設されました。当院では、看護師によるフットケア管理と定期的な検査として、下肢エコーやABI(足関節上腕血圧比)を行っています。

看護師によるフットケア

 

管理栄養士による食事指導

食べるというのは毎日の生活に欠かせないもののひとつです。透析患者の食事管理は、「食塩・水分コントロール」、「カリウム食材の過剰摂取」、「エネルギーの摂取と3大栄養素のバランス」などが基本的にあり、長期の透析療法を受けるためには、様々な合併症を予防することがとても重要です。その為にも透析患者自身の生活管理(自己管理)をサポートすることが必要です。当院では、管理栄養士による定期的な食事指導を行い、食事の悩みや疑問などにも対応できる体制を整えています。

管理栄養士による食事指導

合併症への対応

循環器・消化器(内科、外科)・眼科・整形外科と連携して、多くの透析合併症に対応できるのも当院の特徴です。また、シャント狭窄などにも対応できるようシャントPTAの体制作りも検討しています。これら合併症を早期発見するためにも、検査科・放射線科とも連携し、定期的に心エコー・頸動脈エコー・シャントエコー・下肢血管エコー・腹部エコー・CT検査・骨密度測定などを行っています。

その他の血液浄化

血液透析以外に、血漿交換療法(単純、LDL-A、DFPP(二重膜ろ過血漿交換療法)など)、血球成分除去療法、持続緩徐式血液ろ過(CHDFなど)、吸着式血液浄化法(PMXなど)を行っています。

スタッフ構成

担当医:2名
看護師:4名
臨床工学技士:7名(他業務兼務)
看護助手:1名

スケジュール

透析時間
8:30~14:00






▲TOPへ戻る